切り傷・擦り傷・やけど

こんなお悩みありませんか?

  • 切り傷
  • 擦り傷
  • 皮膚が裂けた傷
  • 刺し傷
  • やけど

切り傷・擦り傷・やけどなどの処置について

当院では、外からの力によって、皮膚や軟部組織が損傷を受けてしまった状態「外傷」を治療しています。

形成外科は外傷の治療を最も得意とする診療科です。少しでも早く、きれいに治るよう創傷治癒の理論にのっとり適切な処置を行います。縫合を必要とする場合傷に応じて中縫いをする、細い糸を用いて細かく縫合するなど細心の注意を払います。縫合しない場合も適切な軟膏や傷にやさしい被覆材を用いるなどして傷が早く治るような環境を整えるよう心がけて処置を行っています。擦り傷で砂や砂利などの異物が中にある場合は必要に応じて顕微鏡をみて細かい異物を除去することもあります。

やけどは広さや深さで治療法が変わります。切り傷や擦り傷と同様、早くきれいに治るよう心がけて処置します。皮膚移植を必要とするような深いやけどでも小範囲で、局所麻酔で行える範囲であれば当院でも対応可能です。

傷ややけどの場合もただ治すだけでなく治癒後のテーピングや遮光などのアフターケアまで指導します。

ケロイドなど傷跡の治療について

外傷のあとで、赤くみみず腫れのように盛り上がる傷痕は、一般的に「ケロイド」といわれています。ただし専門的には、ケロイド、肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)といった種類に分類されます。

 

当院では、そのような傷が治った後も傷痕に対する治療を行っています。

ケロイドや肥厚性瘢痕で赤みや盛り上がりがあり痛みやかゆみがある場合はステロイドの軟膏やテープ、注射を用いて治療します。また、圧迫などの物理的治療や内服を併用することもあります。

傷の状態によってはツッパリを解除したり、目立ちにくくする手術を行う場合もあります。傷が突っ張ってまぶたや口、関節の動きの障害があるような場合は保険適応になりますが、純粋に傷跡の見た目をよくするだけであれば保険適応はありません。

患者様お一人おひとりに
丁寧でわかりやすい説明を
心掛けて治療をおこないます

患者様がご自身のお体の状態や、治療内容、治療期間やご予算などを理解し、安心して診療を受けていただけるよう、わかりやすい説明を心掛けております。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくお尋ねください。

診療時間 日祝
9:00~12:30
14:00~18:00

休診日 木曜午後 / 土曜午後 / 日曜 / 祝日

▲9:00~13:00

※受付は診察終了10分前までになります。

092-872-3300 お悩みの方はお気軽にご相談ください

top_img10_sp.png